【佐々木さゆり, 三谷さくら】いいね人妻 – あなた、ごめんなさい… 〜刺激に飢えた人妻が一線を越える時〜 佐々木さゆり

あなた、ごめんなさい… 〜刺激に飢えた人妻が一線を越える時〜 佐々木さゆり

夫・一郎と質素で平凡な暮らしを送っている妻・さゆり。

ある日の買い物帰り、さゆりは大学のゼミで一緒だったさくらと偶然再会した。

「ちょっと助けて欲しいことがあるんだけど」とさくらにお願いされて、とある会員制のソーシャルクラブで男たちの相手をすることになったさゆり。

慣れない酒に酔い、男たちからチヤホヤされる心地良さがさゆりの操を崩してゆく。

強引にトイレに連れ込まれ、無理やり唇を奪われて…。

「あなた、ごめんなさい… 〜刺激に飢えた人妻が一線を越える時〜 佐々木さゆり」の本編動画はこちらから

女優名: 佐々木さゆり, 三谷さくら

このような人がAVに主演するなんて奇跡だ!!

佐々木さゆりがマドンナ社の「人妻デッサンモデル」と本編の2作に主演してくれた。

 両作品とも絶品なのだが、本編は「デッサンモデル」よりも話が普遍的でスンナリと入り込める。

 彼女自身のナレーションも歯切れが良い。

 劇団四季で芝居の基本を叩き込んでいるので、こういう処にも現れるのだろう。

 絡みは3回、初回は全裸、2回目は着衣、3回目は着衣からショーツになりプレイするのだが、このマイクロショーツ姿が良い。

 絡みは延々と撮られると飽きるのだが、彼女の豊かな表情や眼の動きが視聴者を飽きさせない。

芝居の演技だけではなく、絡みの艶技も極上である。

 マドンナ社にしてはモザイクが大きめなのが残念だが、それでもストリーミングで購入したのだが、ダウロードパックにしておけば良かったと後悔している。

 この2作以降はAV出演が無く、劇団へ戻ったのか、何れにせよ芝居の世界で活躍して欲しい。

予想以上に良かった

夫しか知らない初心な人妻(こんな人妻が現実にいるかは別として・・・)が、あるきっかけから操を奪われ、次第に性に貪欲な女性に変貌を遂げていくという、まあ、まるでかつてのポルノ映画のストーリーのような展開であるが、主演の佐々木さゆりの演技が際立ち、予想以上に興奮する作品に仕上がっている。

特に、最初の絡みでトイレに連れ込まれ強引に唇を奪われてから、不安と欲望が交錯する中で、男にカラダをゆるしていくシーンは秀逸。

あれだけの演技ができるのであれば、後半は夫に対する罪の意識に悩みながら、欲望に負けて堕ちていくという人妻の姿を演じて、背徳感を強調できる作品に仕上げて欲しかった。

そこが-1ポイント。

佐々木さゆりがなかなかにいい!

佐々木さゆりさんは新人でしょうか。

演技もうまいし、これから活躍しそうですね。

刺激におぼれ、からだがうずく様子がとってもよく出ています。

ねっとりとした大人のキスとセックスは、なかなかの見もので、こちらもじんじん興奮しました。

今後は、人妻もので、寝とられたり、調教されるような役もやってほしいですね。

最後のナレーションがいらないのと、もう少し夫を裏切る背徳感が出ていればもっとよかったので、○4つにしました。

「裸ニーソ」ではなく

ロリモノを観て裸ニーソに萌えますが、佐々木さゆりの「ハダカ真珠」もいいもんです。

新たなジャンル誕生です。

(裸ネックレス、あるいは裸ペンダントには今まで注目しませんでした)。

スレンダーで清楚&ノーブルな人妻には真珠が似合います。

それにしても、挿れられて単にぎゃーぎゃーいう女優にはさゆりさんの演技力は見習ってほしいですね。

H以外にも未知の世界に困惑している様がよかったです。

ストーリーが長ったらしいんだよ!

AVは抜く為のもの!AVにストーリーはいらねえんだよ。

そんなにじっくり見るもんじゃねえんだから。

でも、一発目の挿入の際、自ら男優を両手で引き寄せるさゆりちゃんには、抜ける^^性器と性器のこすれ合い、これぞAV!!

劇団四季出身

確かに発声方法が劇団四季です。

プロフィールに偽りなし。

演技もうまい。

というか、うますぎて浮いてます。

他の出演者はみんなセックスを見せるために出てるのに、彼女だけ演技をしている。

ギャップが激しすぎてギャグのようです。

肝心の絡みも悪くはないが、こういううぶなキャラクターだからこそ、ドラマでなくインタビューもので見たかった。

悪い

ドラマが長いよ・・・。

内容もなんか薄いですし、見るところなし。

普通のAVです。

さすが、もと劇団四季のマドンナ役女優!

さすが、2009年まで劇団四季の『マンマ・ミーア』にマドンナ役で出演していた片瀬さくら(別名:吉川さなえ)だけのことはある。

ずば抜けた演技力だ! しかもルックスはかわいく、ボディはむだ肉ゼロ、スタイル抜群である。

昔は安寿(レイナ)という名でロリコン系AVで活躍していたが、その後一時AV界を引退して劇団四季へ、そしてまたAVにカムバックという数奇な女優人生を送っている。

とにかく、まれに見る逸材なので、作品を選んで成長してほしい。

佐々木さゆりの演技が秀逸

サンプル動画がよかったのとレビュー評価が高かったので見ましたが、かなり出来がいい。

特に主役の佐々木さゆりが30歳前後のうぶな人妻という役どころを心得ていて、だんだん性の喜びに目覚める過程をうまく演じ分けている。

できれば夫との義務的なセックスを簡単に描写しておくことで、夫以外の男から性の喜びを知るという対比を描いてほしかったし、したくをするときに口紅を塗るシーンですぐフェラをするシーンに移行してほしかった。

しかし複数の男と関係を持つより、一人の男からとことんセックスを仕込まれて、いくことを教えられるシーンがあってほしかった。

最後は高級娼婦として客をとるほうがいい。

性技はアナルなめ、口内発射から嚥下、お清めフェラまでは調教シーンがあって欲しかったし、陰毛が手入れされてることを夫に指摘されてあわてるところがあってもよかった。

ドラマとしての出来はよい

元劇団員ということもあって演技がうまく、昼ドラを観ているかのような雰囲気。

それがエロに通じるかは好みが分かれるところ…

佐々木さゆりさんとこのシリーズの今後に期待

会員制ソーシャルクラブと称する主婦売春?という設定は良いんです。

そこにはまり込んでいく人妻を佐々木さゆりさんが好演しています。

さゆりさんは身体もキスの舌使いも悪くないです。

ところが何かいまひとつ盛り上がらないんですね。

一回目の絡みは背徳感もあってかなりイイんですが、二回目・三回目は男優がもっと主婦売春的な背徳感をセリフや演技などで終始匂わせてほしいです。

また、三谷さくらさんの演技が下手すぎます。

さゆりさんとの対比でその大根さが際立っています。

そして絡みがこの三回だけというのも物足りないです。

綾瀬を重ねてゆくダイジェスト的なシーンでも挿入すれば、夫以外の男とのセックスにのめり込む人妻をちゃんと映像で表現できたのです。

その辺の表現は、残念なことに最後のさゆりさんのセリフだけで完結されてしまっています。

どっちが苦労人

お二人のおっぱいが並ぶシーンがあったんですが、三谷さんの方が「今は飛んでる奥様だけど、実は苦労したのかな?」とか思ってしまいました。

案外、ちょっとした声の掛け合いの積み重ねが大切なんですね。

男優選定ミス

貧相な夫、精力弱そうな浮気相手こんなのじゃ現実感がゼロだろ?せっかく小柄なムチムチなさゆりが相手なのに。

もっと早百合が本気になれるあいて出してみろ

佐々木さゆりはやっぱり神女優

元劇団四季主演女優の経歴はやはり伊達ではない。

深く厚みのある演技は舞台で鍛え上げられたもの。

研ぎ澄まされた台詞回しによりこちらは自然で物語の中にすっと入っていける。

このような演技力を身につけるため、彼女はどれだけ血のにじむような努力を重ねてきたのだろうか。

脚本の出来も良く、コメント数の多さがこの作品の素晴らしさを物語っていると言える。

処女で結婚して夫とのクンニもフェラもしないジャンクセックスが当たり前だと思い込んでいたものが、テクニシャンの別の男によってセックスの素晴らしさ、気持ち良さを味わわされ、躰だけでなく心まで奪われてしまう。

妻を持つ男は反面教師とすべき作品。

AVであっても女優の演技力がこれほどまでに観るものを興奮させてくれるものなのかということを思い知らされた作品です。

佐々木さゆりにほれ込んでしまい、彼女の他の作品も全て購入してしまいました。

じっくりと抜きたいと思います。

そこまで大絶賛するほどでもない。

確かに女優は魅力的だし演技力もあるが内容は物足りなかった、キスが良いとのことだがしっかり撮れていないのだ、もっとアップで長く回してくれないとマニアには喜べない、それに3人目とは全くなかったし、そんなのでは褒められないよ、男優2人は見たことないし期待したんだけど、役不足だったかな。

見覚えがあるような。

感情移入できる良作でした。

ちなみに、佐々木さゆりは「安寿」という旧名ではなかったですかね?

封印を解く甘美な接吻

セックスはできてもキスをするのは互いの気持ちが通じ合わなければできないことだと3番目に絡んだその男の言葉には同感であるそういった互いの目を見つめながら快楽に酔いしれるキスを交わして一つになる悦びを見事に演じた彼女は実にすばらしい背徳感と言う点ではややよわいところ、個々のセックスがキスを除くと少々ゆるい気がしたのは辛口だろうか

皆さん書いてますが

主演のさゆりさん、ストーリー、演技、全てがいいです。

さゆりさんの、積極的になるところと急に拒むところの押し引きは絶妙です。

傑作ドラマ!!

この女優ただ者ではありません。

こんな演技をした人が今までいたでしょうか?新人だったら尚びっくりです。

初めて夫以外の男にキスされ裸を見られ抱かれていく過程のとまどい・恥らいを見事に演じています。

特にフェラする時、とまどいますが徐々に喜びに変わって積極的になる様は、ぞくぞくしました。

最後は完全に男を受け入れ快感を貪る様は息使いがこちらにも伝わり、すごく興奮しました。

最初のSEXはAV史に残るものではないでしょうか?ただ2,3回目は、最初に比べると愛あるものではなく、変態チックで、プレイ的要素が大きくなりイマイチでした。

この女優は本当にいい!!淫乱にならず品があります。

顔はかわいく、ウエストが引き締まり胸もきれいで言うこと無しです。

次回作、大期待です!!

レーティング 4+:正解

やや変化に乏しい感はあるものの、ほんとにしっかり作られています。

佐々木女史も好演です。

演技うますぎww

今まで見たAVの中で一番演技がうまい女優さんでした。

表情など細かい所もかなり演技がうまく、スタイルも良く、さらにキスがとてもエロくて、ものすごくドキドキしました。

ストーリーも始めは無理やりのレ●プっぽいのが次第に堕ちていくありきたりではなく、男優さんが「最後までしますか?」と問いかけて堕ちて行くetcかなり個人的には好きでした。

ただ最後は乱交かと思ったら途中で分かれてしまうので、完全に堕ちて乱交を自分から楽しいんでるくらいのが個人的にはよかったです。

佐々木さゆりの演技力に拍手!

佐々木さゆりの顔、スタイル共に申し分ないが、特筆すべきはその並はずれた演技力だ。

本当にこの人はAV女優か? うぶな若妻が初めて夫以外の男性と性行為をするという設定だが、その恥じらいと興奮を見事に表現している。

いや、女優だけではない。

その演技力を引き出した脚本と監督にも拍手! 女優の受け皿となるビデオそのもののレベルが高かったから、佐々木の演技が活きたのだと思う。

とにかくこれは、結合シーンに至るまでに観る者をしっかり引き込み、興奮させるめずらしいビデオである。

「掟破り」のAVの誕生を心から喜びたい。

素直に・・・勃起しました。

平凡な日常に満たされない清楚で綺麗な奥様役の佐々木さんですが、正に今ちょうど食べごろって感じの熟した体で演じる背徳感あるSEXシーンが非常によいです。

キスで興奮する

ディープなキスシーンが収録されている作品は数あれど、激しければいいていうものではないと考える私にとっては、当作品のそれは全く下品じゃなく素直に興奮できました。

ストーリー的にカラミはこんなものかっていう感じですが、これだけの演技力があれば次回はストーリー無しの素のカラミの作品を是非観てみたい。

作品自体に不満は全く無いですが、彼女の力はこんなものじゃないはず!!。

華奢で初心な若妻が淫らな女に進化していく…。

夫しか知らない貞淑な可愛い妻。

平凡で単調な日々…。

旧友の誘われ好奇心から秘密のサークルへ。

突然の荒々しいキスに心を奪われ、恥じらいながらも男の要求に応えていく。

初めてのクンニ。

求めに応じ生まれて初めて男根を口に…。

「最後までする?」小さいがはっきりと肯く妻。

肉槍が女壺に…。

淫らに燃え上がっていく。

超エロっ!男に教えられた女であることの悦び…。

夫の隣で自慰。

誘われて再びサークルへ。

男に濃厚な愛撫で女を燃やし肉棒に悶えついにイクっ…。

夫の同僚が妻を狙って来店。

無言の圧力に断れずママと共に男2人との4Pへ。

目隠しをされねちっこく嬲られて…。

夫の同僚に命じられ全身に舌を這わせていく。

肉棒にもタマさえ…。

騎乗位を要求され男の上で腰を振り立て喘ぎまくる。

後ろから前から突き抉られ歓喜の声が…。

夫の前で携帯が。

快諾。

妖しい刺激にパンティをこっそり脱いで…。

厨子王丸

『たまには妻を連れて~17』がとにかく良かった。

これほど自然に演じられる女優は少ないと思う。

今も昔も、どストライクの存在だ♪

キターッ

逆パネルマジック。

パケ写よりもイイ。

既レビューの評価が良かったので見たが、大満足。

[女優]熟れて柔らかみのある体。

鷲掴みしたくなるおっぱい。

大きな瞳。

カラミになると首筋のラインが美しく、表情も可愛い。

演技は上手な方だと思う。

今回の役の設定にピタッとはまっていた。

[内容]「SEXは子供を作るための義務」と考えていた初心な女性が旦那とは異なる手慣れた男性とのキスを境にSEXに嵌っていくお話。

初心な女性の変貌が丁寧に描かれている。

ただ、「あなた、ごめんなさい」という肝心な部分の表現が弱い。

[その他]冒頭から2回目のカラミに入る前までは本当に良い!2回目、3回目のカラミ自体は悪くはないが、それを繋ぐシーン(筋書き)に工夫がほしい。

「あなた、ごめんなさい」をもっと表現してあれば満点だった。

なので、評価は4.5点。

悪くないけど・・・

女優が真面目な主婦をリアルに演じた。

ドラマの出来もなかなか。

ただし、個人的には抜けなかったので星二つ。

エロへの目覚めが急激すぎて俺好みでない。

エロ

キス好きの俺には壺とにかくべろチューがエロい!それも濃厚な訳じゃないんだけどなぜだかエロい!この辺は女優の力?スタッフの力?結合シーン以外の部分で抜けるのはそうそうないよその意味でこの作品は買い!AVのスタッフは参考にすべし!特にアタッカーズ

Great!

これは久々に良い作品ですね。

この所、有名な女優が出ていても、どれもワンパターンであまり興奮しませんでしたが、この作品は秀作です。

佐々木さゆりさんの少しづつ変わって行く様子がとても良かったです。

ただもう一人の女優の質が悪いので、それだけが問題ですね。

次回の作品に大いに期待です。

うむ

なかなか見事な演技でした。

特に佐々木さゆりさんディープキスなど熱の入ったプレイがよかったです

総得点(平均点×件数)が118点と、high scoreなんでDL …

100点を越える作品、なかなか、ありません。

3000Kbps動画、画質、nice。

モザは濃いです。

佐々木さゆり、不意議な雰囲気を持ったAV女優ですね。

ただまあ、「人妻デッサンモデル」と比べると、イマイチかな。

本当に、四季の俳優だったの? なんか、信じがたいです。

1点オマケの「4」です。

いい感じの奥さん

みなさんの評判通り良かったその辺の近所にいる奥さんという感じで顔も体もごく普通ですが、画面が進むうちに旦那さんが全く構ってくれない、折角考えた料理を作っても美味しいとかの応えもないそらぁ~淋しいわなそんな中で出会った友達の進めで男のSEXに対して心のなかに潜んでいた性に対する興味、欲望が頭を駆け巡る普通の主婦がふとしたきっかけで夫を裏切りオマンコの虜になっていくテレビドラマのいちシーンを見るようです佐々木さゆりさん爽やかな不倫、応援したくなるような不倫です

今年のグランプリ

久しぶりにストーリー(脚本)俳優、演技3本そろった秀作を見せてもらった。

佐々木ゆかりがセレブの奥さんそのものの雰囲気を持った素晴らしい女優。

ストーリーもその貞淑なセレブを欲望の世界に引きずり込む、女友人、紳士でプレーボーイを用意、ソフトに、強引に攻め、徐々に欲望に引きずり込んで行く、このタッチが、日活ポルノ張りで良い。

欲望を覚えたゆかりを種類の異なるsexが襲う。

普通退屈する第二第三場面がだれることなく展開した。

義父、弟、父親、母親、隣の奥さんなど退屈していた中で久しぶりのヒットだ。

もっと頑張って。

演技凄い

女優さんでしょうか・・エッチ中の演技は、ホントに何も知らない人妻でした。

キスも多くて、ちょっと寝取られ感じる作品です。

いいね人妻

皆さんの高いレビューで興味をそそられましたがサンプル画像で購買を躊躇しました。

佐々木さゆりさんのルックスが僕的にはNOだったから。

でも堕ちていくシュチュエーションは好きなので購買して良かった。

レビュー通り。

うぶな人妻が快感を楽しんで堕ちていくさまがたまりません。

こういうストーリー性の作品は演技力が無いと抜けません。

さゆり嬢はいいです。

どんどん表情が変わっていきます。

まさに性に目覚めた女を感じさせる作品でした。

「あなた、ごめんなさい… 〜刺激に飢えた人妻が一線を越える時〜 佐々木さゆり」の本編動画はこちらから