【吉沢明歩】天使の養女・吉沢明歩が魔女へと変わるとき – 犯●れ養女、明歩。 吉沢明歩

犯●れ養女、明歩。 吉沢明歩

○い時を施設で過ごし美しく成長した明歩は、とある家庭に引き取られる事になった。

生まれて初めて家庭の暖かさに触れ、幸せをかみしめる明歩。

しかし、その幸せも長くは続かなかった。

彼女の美しさが、里親家族の歯車を狂わせたのだ。

そしてその煽りは、彼女自身へと跳ね返ってゆくのであった…。

「犯●れ養女、明歩。 吉沢明歩」の本編動画はこちらから

女優名: 吉沢明歩

脂っこいメンツですね(笑)

里親を演じる吉村の変態プレイレ●プに始まりサランラップにくるまれ指マンされるアッキーが美しい。

そのままディルドにまたがるアッキーキッチンでWフェラ抜き顔射時のアッキーの恨めしそうな表情が興奮を誘う女物体操着を着てセンズリする変態義弟を演じるシミケン相手に手コキサービスから誘惑からみ最後は義母のカレシの相手もするアッキーさすがにAVクイーンの彼女だがさすがに演技力抜群さらに個性的な男優陣マキシングの力の入れようがわかる彼女ももうすぐ熟女ものに出てもいいころだがOL姿なんかもまだまだそのへんの小娘に負けてない下手すりゃセーラー服も・・・ただちょっとお尻の肌荒れが若干気になった

本末転倒

最近の吉沢明歩の作品は、ここのレビューに影響されてるのか知らんが、陵●ものでも無理やり和姦を入れてきたり、陵●系と和姦系、どちらのファンにも媚を売って、結果どちらも満足できないような中途半端な作品が多いが、これもその一つ。

前半は陵●系のプレイが続くが最初の本番は明らかに擬似ハメ。

拘束道具責めと固定ディルドーオナで陵●系は終了。

以降は痴女系のカラミが続き、擬似じゃない2回の本番はどちらも痴女系。

陵●系の本番がゼロという内容で、果たしてこのタイトルで作品を見たファンを満足させられるかどうか、作り手は考える必要がある。

限りなく星1つに近いが、女優に免じて星2つ。

悲劇の女性が悪女に・・・考えていますがあまり好きにはなれません

ただ凌●されるだけの作品ではなく、その後、復讐心に燃え、引き取られた家庭を崩壊に導く様子が描かれています。

吉岡とシミケン相手に悲劇の女性と悪女の両方をうまく演じ切っています。

ただ凌●されてオワリの作品ではないので最悪とは言いませんが、目ヂカラのある彼女なので悪女役もハマリ過ぎて、個人的にはあまり好感が持てませんでした。

やはり笑顔の少ない作品は彼女には合わない感じがします。

彼女には、ちょっと小悪魔的でコミカルな自然に笑顔あふれる作品が一番お似合いだです。

非常に不安定な時代だからこそ、なおさら癒しを感じられる作品が必要だと思います。

悲劇の女性が悪女に・・・のパターンが新鮮で良かった。

>きれいな人大好きさんのレビューを見て視聴しました。

凌●ものはあまり好きではないため。

最初お店で見かけたときはタイトルトとパッケージから敬遠してました。

結論、小悪魔なあっきー可愛いです。

痴女ではなく、あくまで目的のために男を籠絡するという設定が良かった。

流れ的に最後は養父を言いなりにして養家の財産をすべて自分のモノ、もしくは、彼氏ができて等々。

あっきーだけ幸せを掴むパターンで終わればなお良かった。

コミカルなシーンはドリフのコントみたいで楽しかった。

天使の養女・吉沢明歩が魔女へと変わるとき

天使のような可愛らしさで、3人家族の養女として招かれた一人の女性。

彼女の愛らしさゆえに、家族の歯車が狂い始め、彼女は連日DV陵●を受けることに…しかし「実の子ではない」という禁断の言葉が契機となって、されるがままだった養女の明歩は魔女へと変貌し、それぞれの家族に復讐を始める、という展開の物語。

ドラマ設定も優れていて、家族離散へと至る心理劇には、一抹の哀愁が漂う。

陵●を受けるMの悲惨さと、復讐劇を遂行するSの側面。

外観の可愛らしさと、優れた演技力を伴ったAVパフォーマンス。

吉沢明歩という女優の、多彩な魅力が十分に生かされた内容の作品に仕上がっている。

「犯●れ養女、明歩。 吉沢明歩」の本編動画はこちらから