【堀咲りあ】薄暗がり~徐々に~採光ある明るいベッドで、原人流ストーカー秀作! – 狙われた美人キャスター ストーカー 狂気の妄想恋愛の果てに… 堀咲りあ

狙われた美人キャスター ストーカー 狂気の妄想恋愛の果てに… 堀咲りあ

報道番組の顔として人気急上昇中の北川美咲。

そんな彼女をいつも見てきた男がひとり、フリーターの浅沼である。

元々美咲のファンだった彼は、偶然にも街角取材をしていた美咲のインタビューを受け、ますます美咲を溺愛し…。

「狙われた美人キャスター ストーカー 狂気の妄想恋愛の果てに… 堀咲りあ」の本編動画はこちらから

女優名: 堀咲りあ

いい女にストーリーも良い

久しぶりに見たが可愛いしスタイルも抜群胸も丁度いい大きさ全部森林との絡みだけだけだけど下手に他の男優例えば貞松みたいな奴を小田切坂本も使うよりずっと見ごたえが有り

上手く出来ていますね

アッタカーズ作品の中で、同じような構成でいろいろなシリーズを作っており、関心させられました。

堀咲りあのキャスターぶりも清楚なイメージが出ていて良かった。

堀咲りあの着衣からこぼれる、乳の揺れ具合が最高です。

自慰のシーンは、ちょっと物足りなかったが、それ以外はなかなかでした。

現実的か否かは別として、期待する展開のとおりに進む秀作

次の展開が期待するとおりになって行き、しかも微妙に現実味があったりするために、最後まで見てしまう秀作です。

この手の多くの作品は、どうしても暴力的になるのですが、それを避けているところが、かえって女優さんの感情の変化を際ただせるという結果に繋がっています。

また、ひとりで慰めた後に、ティッシュを使うところなどは、これまでにありそうでなかった場面で、こういう些細なところが実にうまく描けています。

難があるとすれば、採光。

 自然光を生かして芸術性を高めようとしたようですが、かえって女優さんの美しさが奪われる結果になっています。

久々にいい作品ではないでしょうか。

美しい

変質者に部屋に侵入され、乱暴にスーツ姿のまま犯●れる。

あらわになる美乳。

激しいピストン運動に、嫌がりながらも身体に正直に快楽の叫びをあげ始める。

素晴らしかったです。

女優は最高、ライティングだけ残念

変質者に狙われ凌●され人気キャスターが、相手を次第に受け入れてくお話。

堀咲りあはアイポケの「ヤラれまくる美人RQ」とエスワンの「僕だけの◆恋人りあ」がど真ん中だったので、待望のアタ出演。

3つの絡みは自宅に押し入りレ●プ、放送局のトイレで強引に、最後は自宅で和姦。

前述の作品と比べたら若干物足りないがアタッカーズ流儀に則りトイレ以外は中出しフィニッシュ。

ただ全部ライティングに難ありで、せっかくのキレイなおっぱいがもったいなかった。

特に最後の窓からの自然光を活かすライティング、個人的には嫌いな表現じゃないけど白トビが目立ちやすいので絡みにはあんまり使って欲しくない。

シナリオは可も無く不可も無くで、全体的に主人公の台詞が少なめで淡々と進む印象。

最後のオチはあってもなくてもよかったけど、どうせなら謎の人物で終わらせず、照れ屋の父親にすればもっとドロドロしたんじゃないかな。

全てはラスト30分のために

エスワンに興味のない私は堀咲りあはずっとノーマークだったのだが、侵入者で彼女の天然美乳の美しさにノックアウトされ本作も楽しみにしていた。

壮絶なレ●プものではなく、これはいわゆる堕ちを楽しむ作品。

男優は森林原人。

トイレに一緒に付いて行って、おしっこの後を舐めたり、バックで突きまくってイク瞬間に口で受け止めさせたり、遠隔ローターでいじめてみたり、と、ストーカーが好みそうなプレイは散りばめてあるが、ストーリーに頼り過ぎ、女体へのフェチ的なこだわりを感じさせる映像が少ない。

ずっと着衣プレイが続き、折角の彼女の釣鐘型の天然美乳を拝めない不満もあり、くすぶったまま終盤へ。

ラスト30分、母親との電話での会話で彼女が肉体的のみならず精神的にも堕ちてしまっている事が分かる。

秀逸な脚本。

そこからのとろんとした目の全裸ファックがくっそ抜ける。

抑えめの艶技も好印象。

良い女優です。

もう一歩

女子アナにしては茶髪っぽい。

堀咲りあがヤンキーっぽく見える。

これはダメ。

数回の陵●があるが、最後まで着衣レ●プ。

残念。

狂気の妄想なんだから最後の絡みはもっとねちっこくないと、女を征服したという男の満足感が伝わってこない。

もっと細部までこだわれ。

あらへんやろう

落ちはないなぁと思うね。

キャスターのマンションがそんな簡単に入り込めるか?って突っ込みたくなるけど、やられる女が感じてしまうと言うのはすごくいいねぇ。

また美人で、スタイル、乳が良い。

暗い映像のシーンが多く、中身もイマイチ…

まあ、DVDだと少しはマシなんでしょうが、動画だと…。

明度を上げると、彩度が落ちるし、面倒。

森林、頑張っている?けど、彼、特別、演技力があるわけでもないので…。

りあ、はA級のAV女優だと思うけど、本作はB級なのでは…。

そうでもない

個人的にはパッとしない印象。

女優は見た目綺麗だが、結局簡単に堕ち、最後は付き合うというありえない展開は付いて行けない。

ラストも分かり難いし、個人的には低評価でした。

女優自体はキャスターのイメージ通り知的な印象。

良かったと思います。

光に浮かぶ綺麗な体

ストーカー役の男優は森林。

最後の光が差し込む部屋でのシーンが良い。

りあ嬢の体の濃淡が良く浮かび上がっていた。

役柄上仕方ないが、少しは「チンポでかい」など淫語を発して欲しかった。

薄暗がり~徐々に~採光ある明るいベッドで、原人流ストーカー秀作!

展開が進むごとに徐々に明るくされ、最後のベッドシーンでは、自然採光で、女優さんが「完全にコントロール」努力をされている、引き締まったこの上なく美しい躰が映像上に浮き出る。

最初の辺りは暗くて観るの止めようかと思ったが、原人さんが出ていて期待が出来そうだから、続けて観た。

春原未来『清楚な音大生の…』で、春原を電車痴●し、学内で逆にとっちめられる原人さんの演技力に恐れ入ったので、さらに注目していた(単なる「(デカ強)珍宝」に留まっている人ではない)。

変質者っぽいストーカーの臭いを最初のカットで見せるが、レ●プ以降、「僕は君を“ブロック“するから」などと何度も口にする「妙なストーカー」として、独り恋人気分でコトの階段を上がり、美人アナを次第に振り向かせていく…。

原人流ストーカー、秀作だと思う。

ラストの刺殺は…ウーム??だが、まだ20歳の素敵な堀咲りあを発見できたし、良かった!

「狙われた美人キャスター ストーカー 狂気の妄想恋愛の果てに… 堀咲りあ」の本編動画はこちらから