【大原ゆりあ】無敵の人シミュレーター – 【VR】【3Dハメ撮りVR改】逃亡犯にいきなり襲われイラマチオで口内蹂躙!旦那のいない自宅で犯●れ美顔を臭いザーメンで汚された…人妻。 大原ゆりあ

【VR】【3Dハメ撮りVR改】逃亡犯にいきなり襲われイラマチオで口内蹂躙!旦那のいない自宅で犯●れ美顔を臭いザーメンで汚された…人妻。 大原ゆりあ

【4Kを超えるHQ/60fps超画質革命!!!】『改』とは男(主観)の声が一切ナシの3Dハメ撮りVR!!
逃亡犯が逃げ込んだ家に居たのは専業主婦の人妻だった!夫は働いているようで一人きり…、これはチャンス!捕まる前にオンナの肢体をたっぷり弄んでやる!
驚き恐れる人妻を捕まえ、チ〇ポを咥えさせ無理やりイラマチオ!嫌がり逃げようとするところを捕まえ何度も口内蹂躙し、逃げられないように拘束!
夫婦の営みがあるであろうベッドで、正常位、騎乗位、バック、側位、立位で犯しまくり、たっぷり顔射してやった衝撃作品!※60fpsの動画は、1秒間あたり通常の2倍の静止画の枚数で動画が構成されているため、通常の動画よりも滑らかに動いて見えます。

※HQとは、解像度 4320×2160(サイドバイサイド)でお届けする、4Kよりも更に精密な画質です。

『改』とは男(主観)の声が一切ナシの3Dハメ撮りVR!!

※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。

「【VR】【3Dハメ撮りVR改】逃亡犯にいきなり襲われイラマチオで口内蹂躙!旦那のいない自宅で犯●れ美顔を臭いザーメンで汚された…人妻。 大原ゆりあ」の本編動画はこちらから

女優名: 大原ゆりあ

シリーズ化を希望

VR酔いを心配しましたが、自分は平気でした。

画質も期待して無かったので、予想よりも綺麗でした。

カメラが激しく動いて女優さんを攻めまくるのが新鮮で半額セールなのもあって、購入してよかったと思いました。

キスが多いのとクンニのシーンが特によかったです。

男優さんの動きが素晴らしかったので是非とも同じ男優さんでシリーズ化してほしいです。

女優さんは肌がとても綺麗で、素人ぽくてリアルでした。

ほとんど目を閉じてるので、もう少し目を合わせる時間が長いと、より興奮できたと思いました。

ゆりあさんとハメ撮りVRを応援するコメント

少し前までアダルトなVRコンテンツに飽和を感じてた時がありました、似た撮影方と展開が溢れた結果の飽きというか。

が、今はさらにリアリティが増すVRの進化を感じております。

ゆりあさんの良さはもちろん、作品との相性も考慮されてのこの展開なのだろうと想像しますが、恐れ入っております。

とにかく抜けてます。

まずまずです

撮影方法がPOVなのもあって、画質はそこそこです。

レ○プものVRは良く購入しますが、やはり視点が動くので光の位置もかわるし画面ぶれるしリスクが高い。

レ○プものでも後半は固定カメラにしてくれれば抜きどころを盛り込めるのでは?ただ大原ゆりあさんはオススメ。

かなり良い

VRではなかなかない、後ろ手にテープで縛って、そのまま壁に押しつけた状態で強●フェラ、後ろ手のままバックで●すなど、ツボを心得たシチュエーションが良い。

ハメ撮りVRで最高傑作かも!

個人的にはレ●プものは好きではないので、それに関しては置いといて、今までのハメ撮りVRで直して欲しかった視点ズレが今作はほぼ解消されてたと思う。

キス視点もそこそこ合ってた!あと一番良かったのは横たわる女の子に近づいて胸を揉んだり舐めたりするシーンは凄く臨場感があった!やっぱりハメ撮りVRでは女の子の身体を貪る所は一番拘るべきだと思う。

今回はさらに女優も可愛くて体も綺麗でめっちゃ良かった!レ●プものだけじゃなくて、イチャラブものや男を挑発するような小悪魔的なものでもやってほしい。

VR酔いが・・・

ゆりあちゃんは可愛いしシチュエーションも嫌いではないのですが、常に自分が動いている映像なのでVR酔いしやすい人はすぐ気持ち悪くなります。

僕は5分持ちませんでした。

レ○プ物では一番かも

普通のVRにも飽きてきたので、最近は着衣ものや、フェチもの、レ○プものを好んで購入していますが、めちゃくちゃ良かったです。

アップになったときに二重に見えたりもしますが、それらを差し引いても星5つです。

臨場感が半端なかった。

こういったレ○プ系は、着衣ものと相性がいいので、是非とも同じ構成で、セーラー服やショムニみたいOL制服、リクルートスーツなどのバージョンで制作していただきたい。

1つだけ構成面で不満を言わせてもらうと、襲う側の立場からすると、真っ先に後ろ手に縛るべきではないでしょうか。

四つん這いのフェラは是非とも後ろ手縛りの状態でお願いしたかったです。

人妻のイラマ顔、最高★★★

冒頭の警察の巡回に対応している間に部屋へ侵入。

そして、じわりじわりと玄関へ近づいていき、人妻の大原ゆりあが気づいて逃げようとした時の猛スピードで追い詰めていくという、まるでレ●プ魔の行動をトレースするかのような臨場感。

また、逃亡犯が故のやけくそ度合いも、雑で無慈悲なスパンキングにあらわれており、結構、キツめなレ●プや凌●モノ好きにとっては、賞賛に値する構成で、かなりリアル。

イラマチオもまるでオナホでシコるかのようなたたきつけるようなイラマや、顔にマウントするようにチ〇コをねじ込むイラマと、バリエーションがあり、人妻のイラマ顔、最高★★★そして注目すべきは、赤いビニールテープの使い方。

口を塞いだり、両手を後ろでグルグル巻きにしたりは、想定内だったが、首に巻き付けたビニテを首輪とリードみたいにして、ひっぱるのは天才。

特に上に載らせて、ビニテをひっぱってコントロールする様は、タダモノではない。

色んな体位でハメ倒すにしても、夫婦で使っているベッドの上でハメ倒すという鬼畜っぷりも最高★★★また、大原ゆりあの華奢で透き通るように白い肌にパイパンというルックスに加えてのヤラれっぷりも素晴らしく、顔射されてなお、嫌がるあの表情は、静止画でもヌケるレベル。

4k撮影では限界。壁ドンVRシリーズから考える新しいハメドリ改改

イチャラブ至上主義で、レ●プ物は、好きではない。

最近の視点移動に興味をそそられ、見てみた。

案の定、このGoproで撮ったような画質は、見るに堪えなかった。

人の目レベルの超高解像度VRヘッドセット「VR-1」ぐらいでないと、シームレスな視点移動は、実現できない気がする。

庶民が買えるレベルでは無いし。

4k固定カメラの毛穴が見れる程の、超高解像度を一度見てしまうと、この荒い画質にはもう戻れない。

でも、この臨場感がある動くVR作品を見たいと考えていたら、『壁ドンからの超密着合体!』を思い出した。

あくまで、固定カメラだが、ハメドリみたいな臨場感はあった。

女優さんの演技力に、大きく依存してしまうが、『壁ドン』ならぬ『床ドン』?適切な表現が見当たらないが、臨場感あるシーンを、沢山繋ぎ合わせたハメドリVR改改を見てみたい。

カットを、繋ぎ合わせ過ぎると、臨場感が下がるが、解像度は保てるのではいか?でも、そうすると、、今までの固定カメラ作品と変わらないっか??『カットを多用した固定カメラVR作品~ハメドリ考察~』でした(笑)

無敵の人シミュレーター

何度も強引にキスしたりあちこちなめ回したりするんだけど、チュウチュウと下品な音たてて獣が貪ってるような感じが出てて興奮する。

他の人も書いてるように、ヤケを起こしてケダモノと化した犯罪者の気分を味わえる。

幸せそうなカップルや夫婦を見ると孤独感と不公平感と無力感と嫉妬で気が狂いそうになる無敵の人予備群の方、これを見て発散しようぜ!

「【VR】【3Dハメ撮りVR改】逃亡犯にいきなり襲われイラマチオで口内蹂躙!旦那のいない自宅で犯●れ美顔を臭いザーメンで汚された…人妻。 大原ゆりあ」の本編動画はこちらから