【愛内希】よい – 私は穴 愛内希

私は穴 愛内希

女を「ただの穴」として犯し続け、女が「無感情」になるまで犯し続けるムービー…。

愛内希が無感情になるまで犯し続ける!!

「私は穴 愛内希」の本編動画はこちらから

女優名: 愛内希

こんな可愛い子が・・・

袋詰めにされてただの穴扱いされてしまいます。

全体的に陵●色はかなり強いのだが、なかでもインパクトがあるのは袋詰めのままうつぶせイラマされて、「立てない」と言っているのに容赦なく無理やり喉に突き立てるシーンだろう。

「¥「@:・¥んんっ!!」と声にならない声を出したあと、”本気”で号泣しています。

可愛い顔がここまでむちゃくちゃにされてしまう点は、他の作品には真似できない激しさがあります。

外見からは想像しえない淫部の毛深さ

若い頃の安〇祐実みたいなアイドル顔の希ちゃん。

屈託のない笑顔に癒されます。

そんな外見からは、カメラの前で大胆に生まれたままの姿を晒すようにはとても見えず、ロリ系の華奢な裸身は眩いばかり。

そればかりではありません。

希ちゃんと言えばトレードマークと言ってもいいほど、生えるがままのアンダーヘア。

それも毛深くてアナル周りはおろか、外陰部から尻たぶまで毛足の長い秘毛が放射状に生えそぼっております。

細めの股布では隠せないほど。

お見事…というほかありません。

処理をしなければ、世の中の一般女性の一定割合がこのレベルであろうと想像すると、周囲の女性を見ながらおのずと下腹部がむくむくしてきます。

あえて手を入れないのは、きっと希ちゃんのポリシーなんだろうね。

恥ずかしがらず、ありのままを魅せてくれることに敬意を表します。

おしあわせに

可愛い顔で貧乳でケツ毛がすごい女優なのだが、この度恋愛と留学の為AVをやめると言う。

そんな未来への希望に溢れた女優をまず袋詰めし露出した顔を唾液で汚し小便を飲ませイラマで呼吸困難に。

血混じりの唾液を吐き出したところで顔にビニールを被せ中出し。

やり過ぎだと思ったが次のインタビューで女優の正体が明らかになる。

快楽依存症でやれれば誰でもいい。

おしっこは飲みたい。

仕事が楽しくて辞められ無かった。

今は好きな人ができてアニマルから人になった。

等と少し前までビッチだったことを告白。

あまり可哀想では無くなった。

その後再びバッグ詰めして前後ピストン責め、鎖で吊ったりと責め倒す。

最後はM字開脚で途切れること無く挿入され愛液を垂れ流し続ける。

女優がビッチでポジティブだからこそ成り立っているタイトル。

最後の監督の言葉でイジメ作品なのに後味も悪くない。

陵●系は監督も女優も向いてない感じ

既に他の方もレビューされてますが、インタビューは赤裸々に語っていて面白いまた見た目とは裏腹(?)に結構ポジティブらしいただ「人は幸せになる権利があります」「幸せになりましょう」とかは、ちと宗教っぽい(笑)男優がツバをかけたり、首を絞めたり、色々と陵●ただ唐突にそういうことをやり出すので、愛撫の延長線上にないからどうなのかなっていう気持ちよくなった上での、そういう行為が見たいもっとラブラブした感じで撮影した方が良かった気がする監督も女に優しい感じだし向いてないタイプの作品例えばオシッコは偽物尿道よりずっと下から液体が出てる前作は見てないけど、おそらく同じようにガチではない気がする女優に鬼になれないなら中途半端になっちゃうのかもね強いて見所を挙げるとするなら、マン毛肛門までビッチリの剛毛は好きな人には堪らないかも

よい

希ちゃん、引退するんですね。

みのる監督なりの不器用な卒業プレゼントはバックに詰め込んだり、ビニール袋かぶせたりおしっこ飲ませたり、と結構ハード。

とても良いです。

引退します。

と言って引退できる人は中々いないのでは?引退してもまた帰ってくるタイプではない気もします。

セックス大好き希ちゃんを凌●しまくった本作品は見応えがありました。

「私は穴 愛内希」の本編動画はこちらから