【木村つな】女優の魅力を活かしきれていないのが残念 – 家族の目を盗んで父親は娘を性教育する 木村つな

家族の目を盗んで父親は娘を性教育する 木村つな

娘のつなは日頃からお父さんに性的な悪戯をされていた。

お母さんの目を盗みつなに悪戯をするお父さん、気の弱いつなはそれを拒むことが出来ないでいた。

そんなある日の晩、つなを夜●いするお父さん、「成長を確かめてあげる」という口実のもとに。

そして、つなは今日もお母さんの居ぬ間にお父さんの欲望の捌け口の相手をさせられるのだ。

彼女はいつものように諦めの表情を浮かべていた…。

「家族の目を盗んで父親は娘を性教育する 木村つな」の本編動画はこちらから

女優名: 木村つな

女優の魅力を活かしきれていないのが残念

木村つなは、可愛くあどけない容貌とは裏腹に、カラダは適度にむっちりとしており、そそられる。

父親によるセクハラという、隠微な背徳感が醸し出されるべき設定である。

しかし、立位の全裸シーンがほとんどないので、魅力的な肢体をじっくり鑑賞することができない。

例えば、入浴中シャワーを浴びているところに父親が闖入してくる、といった場面を設定すれば良かったのではないか。

また、父からのセクハラ行為に対する木村の表情や反応も、嫌がって拒絶したいのか、(現実味がないとは思うが)性的興奮を感じて受け入れているのか、どうもはっきりしない。

この辺りは、作品に関する監督の方針が不明確なのだろうか。

作品自体は☆3つだと思うが、女優が可愛くて魅力的なので、☆1つおまけ。

「家族の目を盗んで父親は娘を性教育する 木村つな」の本編動画はこちらから