【桜ここみ, 西條るり, 沖田杏梨】カラミはエロい。脚本はゴミ – 秘密捜査官の女たち 特別編 仕組まれた偽りのミッション 桜ここみ 西條るり 沖田杏梨

秘密捜査官の女たち 特別編 仕組まれた偽りのミッション 桜ここみ 西條るり 沖田杏梨

エスワン人気シリーズ「秘密捜査官の女」より特別編のリリースが決定!3名の爆乳謀報員は正義と引き換えに肉棒の餌食となる。

吊るし上げられイカセ地獄…終わりなきイラマチオ…集団レ●プ…裏切りの強●…犯●れる肉体…破壊される人格…。

シリーズ史上最凶傑作の拡大版!本年度最凶で最悪な残酷レ●プ…ここに極まる。

「秘密捜査官の女たち 特別編 仕組まれた偽りのミッション 桜ここみ 西條るり 沖田杏梨」の本編動画はこちらから

女優名: 桜ここみ, 西條るり, 沖田杏梨

ストーリーいらないのでは?

イマラ乱交プレイなどやってはいますが男優のチンコの小ささが目立ちます。

イマラにはデカちん男優にしないと興奮しませんそしてアングルの悪さや女優のアナルが見えないところや最後の男優の精子の少なさもマイナスだと思います

長かろう悪かろうの典型例

長ければ長い程いいと言う人向け。

質を期待してはいけません。

少なくとも私の嗜好では、ストーリーで抜かせる要素は一つも見当たりませんでした。

巨乳捜査官たち

キャット・スーツ姿で人身売買組織に捕らわれ、天井から吊るされる秘密捜査局の「桜ここみ」「沖田杏梨」「西條るり」。

「花岡じった」「黒田将稔」「イタリアン高橋」に責められる。

首領「ジャック藤森」に記憶を消去する●物を注射されたここみは、薄れゆく意識の中で高笑いを聞く。

(時は遡り)厳しい訓練に明け暮れる3人。

局長「大島丈」と副官「宮崎博之」に召喚される。

杏梨とるりは人身売買組織の壊滅を命じられる。

生き別れた弟「雅人」が組織の構成員らしく、ここみは任務を外される。

黒スーツを着た2人は、組織の拠点である廃ビルに突入。

次々に敵を斃していく。

敵と睨みあいになるが、命令に違反して駆け付けたここみに助けられる。

ここみはコンピュータからアジトの所在地を突きとめる。

るりは敵に銃を突きつけられ、杏梨も抵抗を諦める。

躰をまさぐられ、媚薬を飲まされる。

即尺、パイズリし、次々にぶっかけられる。

男たちが立ち去ると、ここみに救出される。

アジトの破壊を命じられる3人。

キャット・スーツに身を包み、アジトのある島に上陸。

消音器を付けた拳銃で次々に敵を無力化し、洞窟を爆破。

若者に拳銃を突きつける杏梨は、ここみの弟と知って助命。

トランシーヴァーの交信から、るりとここみが敵の手に落ちたと知る。

地下牢の鉄格子に手錠で繋がれたるりは、花岡にまさぐられる。

ここみが銃把で花岡を殴り倒すが、そのここみもイタリアンに捕らわれる。

ここみとるりは地下室で花岡とイタリアンに犯●れる。

雅人に地下牢を案内させようとした杏梨だが、黒田に捕まってしまう。

花岡たちに連行されてきたここみの目の前で、黒田の指マンで潮を噴く。

黒田と花岡に強●される。

ここみはイタリアンにイラマ、クンニ、指マンで辱められる。

雅人がここみと杏梨を逃がそうとする。

意識が朦朧としたここみが、雅人を撃ってしまう。

弟を殺めてしまったと気付き、半狂乱に。

記憶を消されて生還した3人は、黒スーツ姿で殺風景な事務所に呼びつけられる。

杏梨とるりはデータ入手失敗、ここみは命令違反を咎められ、大島と宮崎と「森林原人」に「再教育」と称して慰み者にされる。

性宴を終えた大島が、突如として宮崎と森林を射殺。

「お前たちは私の秘密を知りすぎてしまったんだ」と高笑い。

その笑い声で記憶の封印を解かれ、大島こそが藤森だと思い出したここみは、気力を振り絞って発砲する。

陵●シーン満載で~非常にエロかったですね

S1の誇る沖田杏梨、西條るり、桜ここみと巨乳&色気たっぷりの3人が「交わる体液特別編」に続き→共演し、出来はこちらの方がいいと思いますね。

今回は3人が秘密捜査官でエロさを出していて男優も豪華で悪役→花岡じつた.黒田将稔..捜査官側→大島丈.森林原人.平本を配し見所は陵●シーンで犯人アジトの島に潜入し捕まり.花岡じった→イラマチオが多くて3人のPz.fuck→○。

前半中盤~黒のラバースーツ姿で色々な体位で犯●れ捲る所は→着エロの感じ出ていて...いいです→興奮→抜けますね。

終盤~処罰と称し3対3の乱交fuckとストーリーとう.ものたりない所もありますが3人のエロさが良く出ていて楽しめました。

本当に…

レビューの中で「フェラのシーンが異様に長く…」とありましたが、そんなに長くないだろと思っていたのですが、いやいや本当に長いです、あまりの長さにびっくりしましたし、うんざりしてきます。

私が好きな女優さんがこのような状態でフェラをされてもうれしいどころか、うんざりしてきます。

(感覚としては3時間ぐらいそれしかしてくれない、ってどう思います?)全体の出来としては皆さんのレビューの通りに感じます、桜ここみさんのボディ目当てで視聴したのですが、それだけは満足、あとは別にいいという感想です。

最初は撮り方に工夫が見られたのですが…監督さん途中でやる気がなくなったのしょうか?後は単調な場面展開ばかりでほんと飽きてきました。

桜ここみさんが好みでしたので我慢できました。

それ以外の方は控えた方が良いような気がします。

中身なし・・・

流石に???こんだけの女優が出て居れば、Hシーンは良いかも知れませんが?ストーリーは、中身が全くありません。

人気の「秘密捜査官の女たち」シリーズの超大作版でまるで映画ようなスケールの告知もしてありますが?ミッションも仕組まれている前提なので緊張感も無く、すぐに捕まり陵●されまくり・・・せめて、3名の内、1名に裏切り者が居たりすれば盛り上げるのだが?タイトルを気にしなければ良いと思いますが?最近、S1作作品で、複数名の女優さんを使う際に桜ここみ西條るり沖田杏梨の組み合わせが好きですね。

単純に巨乳だけの西條るりと沖田杏梨が居るので桜ここみのスタイルの良さが際立ちます。

ただ目立たないのが残念!

見どころは最後のお仕置きシーンだけ。

レ●プというより闇の組織との性技を使った戦いとか調教といった表現が似合う作品です。

パッケージに踊っている非社会的な単語ほどの残忍な映像はありません。

映像では沖田がお尻を真っ赤に腫らしています。

撮影ではかなり暴力的なスパンキングを受けたようですが、映像にはありません。

審査機関に配慮して編集で残忍かつ暴力的な部分をかなり削っていると考えられます。

このように非社会的なシーンが自主規制されること自体は良い傾向だと思います。

ストーリー展開は前作「爆乳ボディ大乱交」より数段良くできていますが、その分エロチックな部分は抑え気味で、良いのは最後のお仕置き調教(6P)だけです。

3人とも本領を発揮して、グラママスなボディをいっぱいに使って激しい腰遣いを行い、50分のエロチックな性の饗宴を演じています。

ダブる

見事な3人の共演のわりに、西條るりと沖田杏梨は質的には同じ。

あの巨乳じゃ、桜ここみは別のキャラを立てるしかないでしょう。

とはいえ、桜ここみは際立っているし、他2人も相当な体の持ち主。

ソフトな陵●系を求める人ならこれはアリ。

逆に言うなら、ハードではないので、鬼畜な人には向かない。

なにせここがS1の限界でしょうから。

資源の無駄遣い

エスワン&アイポケの捜査官シリーズは「女優さんをカッコよく撮る/魅せる」ことがテーマみたいなもので、演技やストーリーは無視か脳内補完に任せて、クールビューティな雰囲気を楽しむのが正しい味わい方(七海ななの捜査官は例外)。

それ以上を求めるのはヤボ。

ただ、カメラワークがあまりにも残念。

たとえばおっぱいが顔出す、ちんこ突っ込む、といった絡みの節目は安定の抜きどころなので外せないわけだが、肝心のシーンが過ぎちゃってからパンするという愚行がかなり目立った。

構図も単調でせっかく3人も巨乳を揃えたのにおっぱいを活かそう、って意思が感じられない。

もともと乱交のカメラワークは厄介だけど、もうちょっとなんとかならなかったものか。

まあ絡みそのものは十分エロいし桜ここみ&沖田杏梨の悔しげな表情も凌●感たっぷりだったので普通。

女優さん抜いたら0点。

作品とコピーとのミスマッチ具合が半端ない…

ジャケのコピー等でなぜここまで不必要に凶悪さ,残酷さを強調するのかわからない…正直、凶悪さのかけらもないストーリーですwwというか、いろいろ謎とかを絡めたような内容になっていながら、何か謎があるという設定だけで全く解明されないまま進んでいきます(笑)場面展開の繋ぎも悪くチャプターを飛ばしてしまったかなと思うくらいです。

雰囲気的に内容にあってるのは桜ここみくらいかな、あとの二人はただSEXしてるだけって感じです。

あと、その桜ここみはなぜかトータルで見ても異様にフェラシーンが長く,それが好きな人にはいいかもしれません。

逆にそこくらいしかいいポイントは思い浮かばないです…ストーリー関係ない、陵●的な雰囲気を気にしない人にはいいかもしれませんがタイトルやコピーから期待すると間違いなく,後悔します…ま、被写体のボディーは悪くないんでそこの評価は加味して。

カラミはエロい。脚本はゴミ

脚本はクソだがこの監督の作品はほとんどがそうなのでまともだったら逆に驚き。

なんで大作をこの監督に任せたか。

ドラマ自体が、エロ女優の陵●的なカラミを羅列するためのおまけみたいなもんで、カラミ主体で楽しむための作品。

カラミだけに限って言えば質は高い。

鬼畜っぽさはないが、マゾ痴女っぽいエロさがあり十分魅せる。

女同士のレズ要素がなかったのが残念。

カメラワークも安定しており、多人数もので部分アップ多用などというアホなことはせず非常に見やすい。

ライティングも雰囲気作りに役立っておりレベル高め。

点数はカラミに対して。

脚本は期待するほうが間違いなので評価からはずした。

「秘密捜査官の女たち 特別編 仕組まれた偽りのミッション 桜ここみ 西條るり 沖田杏梨」の本編動画はこちらから