【森沢かな(飯岡かなこ)】期待どおりにならない、不思議さともどかしさ。 – 肉欲暗示 催●によって寝取られた上司の妻 飯岡かなこ

肉欲暗示 催●によって寝取られた上司の妻 飯岡かなこ

俺より出世した同期の奥さんは清楚で美人。

偶然指をパチンとしたら暗示にかかってオレのいいなりになってしまった!夫へのストレスを溜めていた奥さんは、淫乱パワー爆発して大変身。

ザーメンを欲しがるエロ妻に!旦那が会社にいる隙に、寝ている横で、エスカレートする奥さんの肉欲はコントロール不可能!

「肉欲暗示 催●によって寝取られた上司の妻 飯岡かなこ」の本編動画はこちらから

女優名: 森沢かな(飯岡かなこ)

綺麗な顔してエロさ抜群の女

飯岡かなこが催●によって寝取られた上司の妻を演じていますが,綺麗な顔してエロさ抜群の女です。

色白で肌も綺麗。

ボディーも引き締まっていて,スタイル抜群の肉体美。

普通にしていれば,本当に完璧な美女なんだけど,エッチとなると豹変する。

チ○ポ好きでフェラは上手く,オ○ンコプレイも魅せられます。

いいフェラ顔だ!!全裸でのファックは,「美」と「エロ」の融合。

乳に興奮。

ヒップに興奮。

そして,さほどザーメンも気にしない。

飯岡かなこ,ドラマ調のAVもいいけど,ただヤリまくりのAVに多く出演してほしいです。

3穴とも強いと思います。

さらに,大量ザーメンプレイを期待したい。

この綺麗な顔でザーメン飲め,かなこ!!!!

1作目の路線を極めた感じ

2作目が駄作だったので期待薄だったが、1作目の効いてないけど効いたふり路線に戻ってくれたようで非常に喜ばしい。

指パッチンだけで術がかけられるという超ご都合主義がどうかと思ったが、終盤に人妻が最初からかかったふりをしてただけだったことが発覚するリアルなオチが付くので、催●ネタ嫌いの人でも楽しめるだろう。

様子がおかしいと思いながらも術が効いていないことに最後まで気づかず遊んだつもりが逆に遊ばれる吉村は、お人よしっぽいキャラが役にはまってたし飯岡の世間知らずっぽいふりして男を手のひらで転がす小悪魔な魅力もいい。

人妻が催●術にかかったふりを楽しんでいるうちに抜け出せなくなっていく感じは一種の自己暗示であり、催●術に頼らなくても暗示ネタは出来るという新しいパターンを確立した点を高く評価すべきだと思う。

1作目に続いて名作認定。

上司の若妻を寝取り、仕事の鬱憤を解消

会社で勝ち組の上司の若妻を、負け組の部下の男が寝取る物語。

一応、ドラマ設定が存在する。

主演女優さんはどこにでもいそうな普通の人妻の風貌で、個人的な感想として、リスクを犯して寝取りたいほどの、魅力が感じられない。

ドラマ部分の演技は素人レベル。

ただし、ボディはスレンダーで綺麗だし、AVパフォーマンスの部分については、とても見ごたえがある。

要するに、通常のポルノ作品としては、よく出来ている。

しかし、催●暗示の設定が極めて安易で、つまらない。

それを導入したことで、人妻を口説く際に重要である、心理的側面がご都合主義となり、大幅に捨てられてしまった。

しかも、仕事が出来ない鬱憤を、上司の妻を寝取ることで解消するという、なんだかさもしい妄想レベルのテーマ設定のため、この評価である。

演技が初々しい☆

なんだか この作品の雰囲気がエロい!女優の感度もいいです☆

期待どおりにならない、不思議さともどかしさ。

「飯岡かなこ」は可愛い系の清潔感のあるスレンダー美人である。

顔やからだの肌も色白できめ細かさそう。

彼女の演技の未熟さを除けば、私好みのAV女優ではあるが、作品全体となると評価は違ってくる。

AVの本質からすれば、描写対象は女優の表情、胸、股間、脚であって、視聴者に満足感を与えられない作品は単なる自己満足ビデオである。

本作品も、女体の描写は不十分。

出演者とカメラの配置、カメラワーク、編集等をもっと検討と工夫し、見たいカットをよりじっくりと楽しめて、性欲をそそり、納得のできる作品に仕上げて欲しい。

期待はずれの作品であったので、評価は当然ながら「普通」。

「肉欲暗示 催●によって寝取られた上司の妻 飯岡かなこ」の本編動画はこちらから