【武藤あやか】綺麗な女優さんだけど – 白昼悪夢 性処理道具とされてしまった若妻 武藤あやか

白昼悪夢 性処理道具とされてしまった若妻 武藤あやか

第一子が誕生し、人生で最も幸せな時間を過ごす夫婦。

そんなある日、夫が同僚の送別会で泥●し部下2人に抱えられて帰宅する事となる。

綺麗な妻を持ち順風満帆の部長への羨望と日頃の恨みが重なり部下の怒りの矛先は若き妻へ向けられる。

輪●・連続中出し…夫の居ない昼下がり、人知れず汚れていく若妻。

「白昼悪夢 性処理道具とされてしまった若妻 武藤あやか」の本編動画はこちらから

女優名: 武藤あやか

綺麗な女優のSEXは、それだけで美しいです

武藤あやかさんは美しい。

スリムな身体を、のけ反らせて喘ぎ、腰を振る姿はエロいだけでなく、美しいんです。

長い美脚が悩ましげに震え、ピーンと伸びるから、絶頂を迎えるのがわかっちゃうんです。

最初のレ●プシーンが全てです。

男二人の力でねじ伏せられ、身体中を愛撫され、夫以外に見られたことの無い所さえ、見られ、触られ、舐められ、指を、そして遂には肉棒を入れられちゃうんです。

しかも、ビチョビチョに濡れてしまっている蜜壺へ。

濡れてることが恥ずかしく、羞恥心が快楽へ変わるのは、あっという間でした。

若妻が犯●れるののは、こうでなくちゃっ!興奮度MAXです。

見とれるほどの美しさ

この女優、美しいですねぇ。

こりゃ本物の美人です。

特にこの作品では髪型がよく、顔の美しさが引き立っています。

もっとも興奮したのは、1回目の夫とのセックスの際、男優が生挿入しようとしたときに女優が「ゴム付けて」というシーン。

男優の背中越しに女優の顔を映すカメラワークが最高で、非常に新鮮でした。

ここだけでも抜けます。

顔の美しさとはアンバランスな大きい乳輪も興奮もの。

セックスの際のカメラワークにはやや不満もありますが、それを言うのは贅沢というものでしょう。

女優の美しさがすべてを解決してしまうという素晴らしい作品でした。

がっかり

エロさが顔からあふれ出ていて、かなり期待していたのですが...。

レ●プされいるときの女優さんのリアクションが単調すぎる。

ラストでの騎乗位でのカラミも淡白。

綺麗な女優さんだけど

内容がいまいちでした。

題名に悪夢ってあるけど プレイ自体はいたって平凡。

待望のハードプレイシリーズかと思ったけど とても幼稚な内容でした。

中だしされるとの事でしたが それもアッサリした内容です。

完全に題名負けでしたね。

「白昼悪夢 性処理道具とされてしまった若妻 武藤あやか」の本編動画はこちらから