【水卜さくら】メガネ最高 – 初恋。凄テク整体師にイクイク体質にされ子宮も心も堕ちた文学少女 水卜さくら

初恋。凄テク整体師にイクイク体質にされ子宮も心も堕ちた文学少女 水卜さくら

偶然入った駅前の整体院で、出会ってしまったひとりのイケメン整体師。

何故だかわからないケド意識してしまい、胸の高鳴りが止まらないさくら。

整体師に身体中を弄られた感触が忘れられないまま、家でひとりオナニーをするように…「もっとアノ人に私のカラダ開発されてみたい」これは恋なのか?はたまた性欲なのか?自分でも不確かなこの想いを確かめるため、Gカップ美乳を揉みしだかれにまた整体院へと向かうさくらだった…。

「初恋。凄テク整体師にイクイク体質にされ子宮も心も堕ちた文学少女 水卜さくら」の本編動画はこちらから

女優名: 水卜さくら

素の天才

棒読みのナレーションに導かれて物語は展開します。

これは新人アイドルのイメビの様な只々しさを纏いし、羊の皮を被った狼の様な?傑作です。

この素人感が狙いなのか偶然なのかわかりませんが、とにかくエロシーンとのギャップがそそります。

童顔の頼りなさそうな表情から、衣服を脱いでから溢れる迫力のある雪の様な肢体が官能的です。

設定で普段からかけているであろう眼鏡を外さないで行為するパートもちゃんと押さえているのも好感がもてます。

窓から外に向かって叫ぶシーンとか衝撃でしたが、カメラアングルもとても良く中盤までの絞る様な過呼吸気味の喘ぎもリアルで素敵でした。

この女優さんの良いところが沢山詰まった作品だと思います。

めちゃくちゃかわいい

とにかく好き好き言いまくりなのがめちゃくちゃかわいくてよかった

リアルJKどころかJCでもいけるミトちゃん、だけが演じられる作品

ムーディーズ移籍以降、ドラマものというかシチュエーションものが多いミトちゃんですが、過去最もストーリーに重点を置き、ストーリーとプレイに「初恋。

」の一貫性がある作品です。

現役の単体女優さんではミトちゃんにしか演じられない、撮れない作品と言っても過言ではありません。

「整体(マッサージ)に行ったらなぜか本番した」という作品はこれまでも「性感開発オイルマッサージ」や「パーソナルトレーナー」がリリースされていますが、本作はそういった「シュール×エロ作品」ではなく、AVとして真面目に初恋。

を描写しています。

なので本作を視聴する際は、サクッとヌきたいからといって先送りしてはいけません(それならVRおすすめ)。

最初から最後までストーリー展開をミトちゃんがどう演じるかを味わいましょう。

イケメンの整体師の先生がきちんとコンドームを付けていたり、イクイクイクと絶叫せずに「好き好き好き」と叫んだり、ラストシーンで先生が発射した後もキスをし続けたままエンディングを迎えるなど、細かいところで女性・少女の視点に立った作風となっています。

全ての女優さんが18歳以上(実質20歳以上)であり、どう見てもJKには見えないのに無理してJKを演じるイメクラのような寒さが従来のAVです。

なのにミトちゃんはJKはおろか本作ではJCでも通用してしまうルックスと、素人風の声のトーン(作り声のようなトーンでは喋らない)、かつ幼児体型ではない圧倒的な色白くびれ巨乳・裸体の美しさ。

思春期特有の恋と性欲の区別がつかない初恋作品をAVとして演じられるのはミトちゃんだけだと思います。

ミトちゃん本人もネット番組で「ファンの人は多分、私のAV女優っぽくないところが好きなんだと思う」と言っていました。

単体女優で芸歴3年目を迎えても素人風味が全く劣化していません。

なるべく長期間、この路線を維持して欲しいですね。

メガネ最高

初見の女優さんでしたが、おっとりとした雰囲気、文系女子感が良かったです。

その雰囲気を醸すのに一役かっていたのが銀縁メガネ。

ふっくらとした頬、唇、いい匂いがしそうな髪、可愛い耳に、メガネがピッタリでそそりました。

教室では本ばっかり読んでるんだろうなーみたいな娘が、少しずつ自分の性を開放し、自分でも持て余していたであろう巨乳も曝け出して積極的になっていく様がグッド!ブレザー好きなので、普段セーラーは敬遠しがちなのですが、この娘にはピッタリです。

終始、紺ハイソを履いてるのもいい!カメラアングルも、女優のカラダの美しさを引き立てています。

惜しむらくは、最後のカラミでもメガネをしてて欲しかった。

また、施術室の狭いベットだけでなく、ラブホなどの広いベットでのラブラブイチャイチャプレイも見たかったな、と思いました。

「初恋。凄テク整体師にイクイク体質にされ子宮も心も堕ちた文学少女 水卜さくら」の本編動画はこちらから