【江波りゅう(RYU)】親子(母と息子)には、全く見えないので面白みが半減する。 – 息子の目の前で自由を奪われアナルを犯●れた未亡人 江波りゅう

息子の目の前で自由を奪われアナルを犯●れた未亡人 江波りゅう

主人を亡くし、息子と二人きりの生活を送る未亡人りゅう。

悲劇は突然、何の前触れもなくやってくる。

近所では評判の美人妻の元にやってきたド変態セールスマン。

緊縛され、大事なアナルまで…。

母親でありながら息子の目の前で犯●れる事で、M気質が開花…。

母という立場を捨て快楽に落ちていく、未亡人の隠された性欲。

「息子の目の前で自由を奪われアナルを犯●れた未亡人 江波りゅう」の本編動画はこちらから

女優名: 江波りゅう(RYU)

お薦めです

緊縛尻穴物。

派手な内容ではありませんがエロいです。

カメラアングルも良く、お薦めです。

全て良し

江波りゅうさん最高です。

スタイル演技全てにおいて星5つです。

息子の前でアナルを犯●れるシーンと息子のチ○ポを咥え最後には息子をアナルで受け入れるシーンが興奮しました。

どのシーンも江波さんの仕草が色っぽく最高でした。

美しい未亡人

江波りゅうが未亡人の設定でセールスマンに犯●れちゃう話。

何の落ち度も無いのに理不尽な性暴力に陵●されていく不条理な脚本。

息子の目の前で無理やりアナルファック。

なぜか息子がノリノリで一緒になってお母さんを責めまくる。

サンドイッチにしたりして。

最後に息子がアナル中出しするシーンだけイヤらしく悶え狂うんだけど、全体的に拒否するリアクションばかりなのは興奮できない。

親子(母と息子)には、全く見えないので面白みが半減する。

年齢差や、会話や、態度等で母と息子には全く見えない。

ほぼゼロだ。

監督や脚本のレベルの低さがそうさせているのだろう。

女優は評価でき、良かったと感じた。

不満点・母と息子に全く見えない点・母を襲う(脱がすなど)シーンや緊縛シーンをカットしている(撮影していない)・タイミングが良すぎる息子の帰宅(涎が垂れて無いので、緊縛のすぐ直後)・息子の前なのに、母が全く抵抗なく股間を露わにしたりしている・なぜか、全てが最初からアナル在りきの設定だ。

テーブルにアナル用の連玉。

息子もアナルへ最初から・手の拘束を解かれても、抵抗や逃げようとしない母・いつも綺麗で、簡単に挿入できるアナル(実際はあり得ない設定だ)女優が良かっただけに、もったいない作品だった

「息子の目の前で自由を奪われアナルを犯●れた未亡人 江波りゅう」の本編動画はこちらから