【澤村レイコ(高坂保奈美、高坂ますみ)】人妻・主婦・母の設定とこのシリーズはベストマッチ – 隣人の情婦になってしまった妻21 妻として母として情婦として 澤村レイコ

隣人の情婦になってしまった妻21 妻として母として情婦として 澤村レイコ

妻として母として…そして…情婦として…。

マンション隣室にお棲まいの香ばしい風貌の男性に、マジメな妻は常日頃から、居住マナーに関する不満を持っているようでした。

平和主義の僕は「あまり波風立てるなよ」と宥めていたのですが…。

ある日の午後、自治会の役員をしているウチの妻が、婦人部を代表して、ひとりで、隣人氏の部屋へと、抗議に赴いたらしいのです…。

その日を境に、妻の様子に、明らかな変化が見て取れ始めて…。

「隣人の情婦になってしまった妻21 妻として母として情婦として 澤村レイコ」の本編動画はこちらから

女優名: 澤村レイコ(高坂保奈美、高坂ますみ)

相変わらずの美熟女っぷり

エロさ溢れる澤村レイコさんの美熟女っぷりを楽しめる定番シリーズ。

若干オーバー過ぎる演技も、その美貌で何なくカバー。

そりゃ、堕ちたのを、ローターを入れた姿で告白されたら納得するしか無いよwww。

ふてぶてしいのは身体だけ。

此のところのスリムになったレイコさんの裸が見たくて鑑賞しました。

ところがそのシーンはなかなか訪れず、男優もふてぶてしいのは身体だけで、テクニックでレイコさんを虜にして欲しかった。

私としては、残念な作品になってしまいました。

澤村レイコは素晴らしいけど

これだけ長く続くとは思っていなかったシリーズ。

マンネリ以外の何物ではないけど、女優が澤村レイコさんとなれば見なければ!と思い購入しました。

その澤村レイコさんに限っては、文句はありません!少しオーバーだけど被虐的な表情といい、堕ちてからのカラミのいやらしさといい、期待通り。

堕ちるのが早いのも熟女ならではと考えればOKです。

いつもの若妻風から、熟女になったのはこのシリーズからいうと正解。

これから熟女路線に進むべきだと思います。

ただ、マンネリ感はいかんともしがたく、もう少し変化がほしかったかな。

最期に娘の前でやられるとか。

これまでこのシリーズで見るべきは、今作の澤村レイコさんとラストで刺青を入れられた森沢かなさん、アナルを掘られた中里美穂さんくらい。

女優さんを変えるだけではなく、もう少し作品ごとに変化を見せなければ、これ以上見る価値のないシリーズです。

熟女の寝盗られ感が半端ない!

澤村レイコさんは大ベテランの女優さんでもう20年位第一線で活躍されている様な気がする。

勿論私も随分お世話になって来たと思う。

その彼女が私の大好きな「隣人の情婦になってしまった妻」シリーズに登場してくれた。

正に熟女という年齢だが、その美貌と身体の線に衰えは感じない。

ボディーケアがしっかりされているのが良く解る。

この道の女優としてのプロ魂が見事。

レイコさん讃歌になってしまった。

内容についても少し述べさせて頂きたい。

普通のお芝居部分の演技力とAV表現としての艶技力は語るまでもなく抜群。

墜ちた後のエロさは絶品。

隣人のヤクザの男に集合住宅の共有スペースでの喫煙を気丈にも注意し住民全員の嘆願書を男の部屋に持参し理不尽に無理矢理犯●れた後、2週間の間毎日のように呼ばれ嬲られ続ける。

その2週間後キッチンで男にフェラ奉仕する場面を夫は目撃し初めて知る事になる。

その2週間でもう完全に男に従属して性奉仕している。

今までのこのシリーズの中で最速の墜ち方。

最初の方で、夫とのセックス後、夫から「気持ち良かった?」と聞かれ少し躊躇し「気持ち良かったよ」と間を置いて答えるシーンが描かれてあったのが、伏線となっている。

2児の母としてもう女を少し諦めているが性的には熟女となりさらに増しているのだろう。

男の荒々しい性欲と性技でオマンコ漬けの日々の中で高圧的な男の要求にも笑みさえ浮かべ従属して従順な情婦になっていく。

熟女の艶かしさ、生々しい女体はいやらしいほどエロい。

もう母や妻としての生活には戻れないほどの快楽の世界に墜ちた女の絡み合いのシーンは語るまでもないと思う。

是非ともご自身の目でご確認ください。

絶対おすすめの一作。

完堕ちしたあとのレイコさんの痴態が120%楽しめるレア作品です!

NTRものは大半が完堕ちするまでの過程にフォーカスした作品が多く、NTR系で多くの名作を残している澤村レイコさんも、作品の最後に完堕ちするシナリオが「お約束」だったりします。

(直近では「かりめんの妻2」が最高でした)勿論それはそれで良いのですが、レイコさんは完堕ちしてからの演技が最高に素晴らしいので、その後の展開(痴態)を見たいというファンも多いのでは?さてそこで今回の作品ですが、5つあるパートで、その4つまでが完堕ちしたあとの展開です。

特に最初のパートは、いきなり完堕ちした奥さんのフェラシーンから始まります。

2つ目のパートの回想シーンでレ●プシーンもありますが、完堕ちするまでの過程が少ないため媚薬でも使われたのか?と違和感を感じるくらいですが、でも、そこが今回の作品のポイントだと思います。

完堕ちしたあとのレイコさんの痴態をもっと見たかった方には120%楽しめる作品に仕上がっています。

あとレイコさんの最近の作品を見るとかなり身体を絞っていて、持ち前の知的さと相まって熟女の魅力に拍車がかかっています。

過去のNTRの名作も今回のパターンでリメイクしてくれることを切に希望します♪

人妻・主婦・母の設定とこのシリーズはベストマッチ

既に子育てをほぼ終了した母であるところの人妻が、今回の設定でした。

今までのこのシリーズの若妻の設定も、もちろんいいですが、SEXを熟知しているはずの母である人妻・経産婦が、実は本当のセックスを夫のテクの未熟さ故に経験しておらず、や〇ざ系の池田さんにそのことをとことんまで教え込まれるシュチュエーション最高です。

子供を二人産んでることを確認して三人目はどうかを池田氏は2回実は確認しています。

この2回の澤村レイコさんの反応がどちらも素晴らしい。

レイコさん演技力すごーーーい。

最初の犯●れるシーンと最後のホントの完堕ちシーンは熟練度がないと出来ないシーンに仕上がってます。

池田氏の澤村さんのへのいじるセリフも最高でした。

このシリーズ大好きです。

今回のように経産婦(母)バージョンでの主婦が今まで築き上げてきた家庭を根本から捨て去る覚悟をして男の娼婦として落ちても構わない、パターンをたまに入れてやってください。

「隣人の情婦になってしまった妻21 妻として母として情婦として 澤村レイコ」の本編動画はこちらから