【瞳リョウ, 夢咲りぼん】作るなら最低限のことはしよう – 痴●映画館7 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 瞳リョウ

痴●映画館7 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 瞳リョウ

仕事帰りの夫と映画館で落ち合う予定だった百合。

しかし夫が来れなくなり、ひとりで観賞することに…。

上映開始早々、座席の隙間から見たのは男にまさぐられる女。

驚く間もなく暗がりから伸びる手は百合にも襲い掛かり…。

「痴●映画館7 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 瞳リョウ」の本編動画はこちらから

女優名: 瞳リョウ, 夢咲りぼん

最後が

途中まで良かったが最後の映画館でのセックスで全裸で立ちバックで行為して欲しかったです、残念で仕方ないです!

年下寝取り

人妻が年下のイケメンに犯●れ堕ちる話が大好きな私。

しかしアタは中年ものばかり。

一徹が去り、渡辺琢磨が不発に終わり、欲求が溜まってた所に大沢が来てくれた。

有り難い。

映画館で痴●する大沢に瞳が注意し口論となる場面から始まる。

野卑な大沢に虫酸が走る瞳。

こういう「こんな最低な男に私が堕ちるもんですか」という前振りが、堕ちドラマのエロ度を何倍にも増加させる。

レ●プを境に立場逆転。

憎いはずのイケメンに容赦なく注入を繰り返され、若牡の精液の味に一直線にのめり込んでゆく人妻の抗えない性。

ポーカーフェイスを気取りつつ堕ちたくて仕方がない、執拗にクンニしてくる大沢の頭を抱きそうになる、キスに応じそうになる、でも我慢、という様子が良く描けている。

我慢をやめた時、年下の恋人を手に入れた時のような甘い感覚が女を襲う。

歓びに震え出す腰がすごくいい。

中出し後のダラリやお掃除は無し。

画面は暗めだが味がある。

相変わらず

このシリーズ毎回思うけど、自宅レ●プとオ〇ニーシーンはいらないんじゃないかな。

痴●行為によって堕ちきってから自宅での絡み(和姦)のほうがいいと思う。

オ〇ニーも背徳感が薄れてしまうので一気にしらけてしまう、内容が良いだけに非常に残念です。

設定が嵌った

お堅いキャラ設定、そんな女が軽蔑して嫌っていた男の言いなりになるストーリー。

生真面目で正義感の強い女が、何度も屈服させられる中で徐々に”躾けられる”様は女優のキャラクターに見事に嵌っていた。

マンネリを脱する新たな方策が望まれる!

ドラマの展開はいつも通り、ほぼおきまりの展開で新鮮さはない。

自分はこれまで新作を期待してきた一人だが、ここまでシリーズ化してくると、そろそろマンネリを脱する新たな方策を考えないと、なぎら健造監修といえども、先行きは暗いというのが正直な感想だ。

今回は弁護士を夫にもつ正義感溢れる気丈な人妻を瞳リョウが演じている。

映画館内やトイレ内における度重なる痴●プレイに気丈さが消え、やがて理性が崩壊し、完堕する姿を、リョウが熟女の色気をふりまきながら演じている点は評価できるが・・・興奮度はイマイチ。

次回作に期待しよう。

作るなら最低限のことはしよう

作る方はまず考えて欲しい。

こういう作品は痴●犯罪を助長させてることを。

作っていいものと悪いものがある。

実際あるんだから作るなら作中にこのような行為がいかな最低なことかを論じるべき

「痴●映画館7 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 瞳リョウ」の本編動画はこちらから