【長澤あずさ】「義妹の性感帯」の堕ちるバージョン – 義弟に汚された兄嫁 長澤あずさ

義弟に汚された兄嫁 長澤あずさ

古い家と寝たきりオヤジを僕に押し付け、デカパイ女と結婚して都会で悠々と暮らしている兄貴。

チンポの大きさ以外、全てにおいて負けている兄貴に復讐する僕の唯一の手段、それはあの兄貴の嫁さんを●す事。

バレたって構わない。

オヤジと一緒に兄貴の目の前でこのデカパイを僕のチンポで犯してやるんだ。

「義弟に汚された兄嫁 長澤あずさ」の本編動画はこちらから

女優名: 長澤あずさ

人妻凌●物としては結構好き

義父の介護を押し付けられてた義弟が怒りの矛先を兄嫁である長澤あずさに向けて凌●する話ですが、義弟が義父に対して兄嫁に巨乳を使った介護(性処理)を強要するシーンが結構興奮しました。

義弟は長身物によく出てくるチビ男優ですが、本作ではちょっとキモい雰囲気を醸し出していて、あずさの屈辱的な顔も相まって凌●物としての興奮度を高めている感があります。

(男優の台詞が音が小さく聞き取りにくいのだけは残念でした。

)夫の側での凌●シーンも寝取られ感があって良いです。

「義妹の性感帯」の堕ちるバージョン

基本的には同監督がアタッカーズで作った「義妹の性感帯」の流用。

義妹が義姉にかわりボケた親の介護という要素が加わった。

優しくてお人よしの若妻といった人物設定もそのままだが、あちらと大きく違うのは「堕ちる」要素が見えること。

脅されていいなりになるという基本線は変わらないのだが、イラマチオや騎乗位で自分から快楽を求める感じが出たのは「義妹~」で堕ちがなかったのに不満だった人にも朗報だろう。

妊娠オチはなく、今後も陵●が続いていく感じの演出で終わる。

おおむね満点なのに残念ながら手抜きがちらほら。

男優は中出し演技のとき、汁見せが楽なことを優先して浅い位置でフィニッシュしてるし、兄の家の外見と中身が明らかに違いすぎ。

兄が医者で成功者という設定なのだから、実家と大差ない貧乏くささは雰囲気を損ねた。

「義弟に汚された兄嫁 長澤あずさ」の本編動画はこちらから