【飯島愛】昔はこんなに – 女尻 飯島愛

女尻 飯島愛

Tバック・クィーンが遂に登場!!シリーズ・ファン待望の垂涎作!その魅力的なお尻をジックリと味わいたい!!Tバックの奥の’秘密’を弄んで、舐めて、入れて…これを見ずして’女尻’は語れない!!

「女尻 飯島愛」の本編動画はこちらから

女優名: 飯島愛

抜くのは無理

美尻ということでTバックの下着を着ています。

お尻の形は悪くありませんが、これだけじゃダメですよ。

今のAV女優と比べたらあまりに見劣りするので☆1つ。

うーん・・

飯島愛ねぇ・・、ニセ乳じゃなかったらもっとよかったんだろうけどね・・。

やっぱり良かった

レビューであまりよい評価を受けていなかったので心細かったのですが、ギルガメの頃から好きな飯島愛さんの作品をコレクション的に購入してみました。

愛さんはやはり今見ても魅力的な女性でした。

お顔や言動がとても可愛いのですが、小麦色の肌に長く綺麗な髪がセクシーでとてもいい匂いがしそうです。

エッチシーンでもこの綺麗な髪が印象的でした。

当時の雰囲気も含めて、飯島愛さんが好きだった人が思い出して抜くのにはとてもいい作品だったと思います。

飯島愛を見るのは、初めてだったけど …

2002/11/08リリース作品かぁ…。

1972年10月31日生まれで、1992年にAV女優になって、この頃はAVは引退してたと思ったけど。

復刻だったのか。

吉田、かなり若いし。

DMM通販ではまだセルは在庫があって―60分でこの内容じゃ、定価4,095円もするし、売れるわけないな。

FUCKは擬似で、乳もゆさゆさ揺れない擬似。

絡みも(1) 栗原良との、絡みの時間が少ない、締りのないもの。

(2) 吉田潤との、コミカル仕立ての作品も、前戯(?)が長すぎて、impactが少ない。

(3) セーラー服姿で、先生(キャスト紹介に奥和愛とあったけど、ちがうでしょう)にヤられちゃう、(1)(2)よりはマシだけど、(1)(2)同様、やたらとモザのでかい、白ける作品。

ま、月額動画だから、定額だからいいんだけど。

飯島愛はやはり綺麗だ。

飯島愛はやはり綺麗だった。

身体も顔も綺麗だった。

爪もショッキングピンクや純白でお洒落だった。

しかし、それぞれのシーンが短くて残念だった。

AVの古典

スレンダーファンかつ旧作好みとして購入視聴。

個人的見解になるが、80-90年代のスレンダー女優は今と違い本当のスレンダーであるように思う。

というのは、今はストイックにトレーニング等でメイクし食事制限と合わせて絞りあげた美ボディが主流。

当然今の方が美しいわけだが、当時はこう言った理論が無かったのか、飯島愛さんのようにおそらく食事制限のみで体重を落としているような女優が多い。

筋肉も脂肪も落としたスレンダーが当時のスレンダーなのだろう。

いつしかテレビで、1日にウーロン茶しか飲まない日があると語っておられたのを覚えている。

さて肝心の本編だが、他の方が仰る偽乳も個人的には歓迎。

さらに、現代の巧妙なものではなくわかりやすいのも個人的には好み。

メイクや演技、モザイク等随所に時代を感じる。

AVの古典的な作品としての価値を評したく、この手のものは点をつけられないのが率直な意見。

点はあくまで個人的な好みとして評価4。

もっと絞った愛さんが好みだったので1ポイントダウンとした。

昔はこんなに

モザイクデカかったんだなぁ(笑)昔良く見たビデオだったので購入しました。

エロいというより懐かしい感じで興奮はしなかったけど、良かった

「女尻 飯島愛」の本編動画はこちらから