臨場感の出し方が… – セイフク 002

セイフク 002

薄暗い浴室。

男はカメラをセットすると浴槽の蓋を外す。

手足を鎖で拘束され、目隠し、猿轡をされた制服姿の少女が蹲っている。

男はぐったりとしている少女を浴槽から引きずりだすとT字剃刀で薄い陰毛を剃る。

重い鎖と恐怖で抵抗出来ない少女を男は欲望の赴くままに犯した。

「セイフク 002」の本編動画はこちらから

臨場感の出し方が…

男優の無駄な、罵声・怒号、女優の無駄な悲鳴等は、無くプレーは続いて行くのは良いのですが、臨場感を出すため、「これは本物の監禁である」との演出のため、固定カメラの撮影によるが多く観づらいところが多くそのあたり改良を望みます。

「セイフク 002」の本編動画はこちらから