【菅原里琴】駄目 – 危険な女子大生 媚薬ドラッグ処刑台 菅原里琴

【菅原里琴】駄目 – 危険な女子大生 媚薬ドラッグ処刑台 菅原里琴

危険な女子大生 媚薬ドラッグ処刑台 菅原里琴

ある日女子大生の菅原里琴は、化学的な研究の為に指定されたクスリを飲むというアルバイトの面接に来た。

危険じゃないと説明され、クスリを飲む里琴。

意識が朦朧とし、抵抗するが大の字に括られてしまう。

拘束され、色責め実験。

更にお尻に悪魔のドラックが注入され、手マン、アナル指責めにイキまくる女体。

アタッチメント、ドリル責めに女子大生の運命は?媚薬ドラックの餌食になってしまうのか?

「危険な女子大生 媚薬ドラッグ処刑台 菅原里琴」の本編動画はこちらから

女優名: 菅原里琴

マジイキしてます

指マンをしてる人(監督さん?)が上手いのか、かなりしっかり中イキしてます。

ア○ル責めについては、女性がア○ルでイク時は何か崩壊したような感じになることが多いのですが、この作品でア○ルを責められてる時もそんな感じでイッてます。

女性がうるさいと書いている方もいますが、演技で無理やり出している声ではないので、まったく不快に感じませんでした。

それと、あくまでも個人的な好みですが女性のルックス・スタイルもなかなかだと思います(特にスタイルは若々しさと締りがあって◎です)一人が責めてる時に周りの人があまり手を出さないのがちょっと残念。

もっと乳首を責めたりしてもらいたいです。

本当にポルチオで逝ってます

徐々にポルチオで逝かされる流れが非常に良いです。

最初は余裕があるのに最後はぶっ壊れています。

演技ではない本当のマジイキを見たい人におすすめ。

これに似た本当にポルチオで逝ってる作品あったら教えてほしいです。

駄目

女が終始ギャーギャー煩い。

ア○ルも責めてはいるが、煩いので全て台無し。

あと拘束責め後普通に立たせた状態のシーンを撮っているので、拘束して無理矢理責めるという雰囲気もぶち壊し。

ドキュメンタリー的な作品だったら仕方ないが、今回は一応シナリオがあるはず。

責めた後普通に拘束台から下ろしちゃ駄目でしょう。

「危険な女子大生 媚薬ドラッグ処刑台 菅原里琴」の本編動画はこちらから